Media & Evidence

ネットなどで発信される誤解を紐解く

01/

「HSPうつ」を磁気刺激療法で治療する

あるクリニックでは、HSPであることによって生じるうつ症状を「HSPうつ」と名づけ、磁気刺激療法による治療を勧めています。しかし、まず前提として、心理学でも精神医学でも「HSPうつ」という概念/疾患は存在しません。それゆえ、「HSPうつ」なるものが磁気刺激療法で改善するというエビデンスも全くありません。いくつかの医療機関では、HSP/HSCを「診療」「改善」することを謳った宣伝をしています。しかし、これは明らかに医療機関側でHSP/HSCを適切に理解できていないことを意味しますのでご注意ください。

02/

HSPはミラーニューロンの働きが強い

環境感受性が高い人では、恋人あるいは見知らぬ人の笑った顔や悲しんでいる顔の写真を提示されると、共感性を司る島皮質が活性化することが示唆されています(Acevedo et al., 2014)。しかし、これまでミラーニューロンとの関連を直接的に実証した研究エビデンスはありません(本記事執筆時現在)。現状では、飛躍した主張だといえるでしょう。「HSPはミラーニューロンの働きが強い」という主張では、Acevedo et al.(2014)Aron, Aron, & Davies(2005, Study4)がその根拠として引用されるされることがありますが、これらの研究ではミラーニューロンの働きを直接調べたわけではありません。

03/

ネットのHSP診断テストでHSPと診断された

Googleで「HSP」と検索すると、上位に「HSP診断テスト」というサイトが表示されます。このサイトで自身がHSPかどうかを判断される人が多いようです。しかし、このサイトの項目は研究で用いられているものではありません。また、明らかに感受性の個人差を測定するものではない項目も含まれます。さらに判定基準も不明です。したがって、学術的には、信頼性と妥当性が不明瞭なテストだといえます。

04/

HSPチェックリスト:一日中憂うつな気分が続く

複数のクリニックのサイトでは、HSPチェックリストが紹介されていることがあります。実際に確認したサイトには、「一日中憂うつな気分が続く」「もともと興味があったことに興味がもてなくなってきた」「自殺を考えてしまうことがある」といった項目がHSPかどうかを判断するものとして提示されていました。しかし、これらの項目は、明らかに感受性の個人差を測定する内容ではなく、うつ病に特有のものです。なお、精神疾患の診断・統計マニュアル第5版(DSM-5)によるうつ病(大うつ病)の診断基準はこちらから確認できます。

05/

HSPは魂のレベルが高い

あるサイトで「HSPは魂のレベルが高い人たち」と書かれていました。研究では、魂の存在は証明されていません。HSPとは無関係な情報です。このサイト以外にも、HSPという言葉を入り口にスピリチュアルな世界に誘導する情報があります。スピリチュアルや宗教を否定しているわけではありません。「HSPと関連のない言説」をもとに誘導することが問題なのです。同様に「HSPは第六感(霊感)がある」「HSPには漢方が効く」といったエビデンスのない宣伝もありますので注意が必要です。

06/

魔法の言葉を唱えておなかをさするとHSPであることのストレスが和らぎ効果的

「魔法の言葉を唱えておなかをさすると、HSPのストレスが和らぐので効果的」と書かれた医療系のネット記事があります。しかし、「魔法の言葉」やそれがHSPのストレスを和らげるかどうかも、エビデンスはありません。やはりこれもスピリチュアルな世界の話であり、HSPとは無関係です。残念ながら、医療系の記事であっても、HSPに関しては信頼できない情報が多いため注意が必要です。

07/

HSS型HSP、内向型HSP、外向型HSP

SNSや書籍では「○○型HSP」などの言葉をよく見かけます。例えば「HSS型HSP」は刺激希求性が高いHSP、「内向型HSP」は内向的なHSPを表すようです。実は、このようなタイプ分けの研究は全く行われていません。こうしたタイプ分けの妥当性も不明です。血液型診断のようにわかりやすいため、流行るのは納得できますが、研究にもとづくものではない点は留意すべきかもしれません。

08/

​HSPは遅刻しにくい

そのようなエビデンスはありません。しばしばネット上で「HSPあるある」として発信される情報の一つです。遅刻しにくいからといって、それをHSPと結びつけるのは不適切です。「HSPあるある」は、個人的な経験をもとに発信されることが見受けられます。その多くは研究的なHSPの考え方とは距離があります。ほとんど誰もが当てはまる内容もあり、自身の性格が言い当てられた感覚を覚えますが、それは心理学ではバーナム効果と呼ばれるものです。「HSPあるある」をもとに、自身がHSPであるかどうかを判断するのは留意した方がよいでしょう。

09/

HSPは職場でうつになりやすい

​そのようなエビデンスはありません。「HSPだから職場でうつになる」というのは、HSPについての偏った見方です。環境感受性の理論にもとづけば、感受性が高い人は、良い職場環境からも悪い職場環境からも影響を受け取りやすいというだけです。その点で、「環境の調整をできるかどうか」がメンタルヘルスにとって大事といえるかもしれません。

10/

​HSPは学校が苦手

​そのようなことはありません。学校が苦手な生徒や不登校の生徒に対して、安易にHSP/HSCというラベルを貼るのは不適切です。HSP/HSCへのスティグマ(差別、誤ったレッテル)につながります。支援者はHSP/HSCというラベルを貼ることよりも、その生徒がどのような苦痛を訴えているのか、どのような(悪い)環境に置かれているのかをアセスメントし、それに応じた支援を検討する必要があるでしょう。子どもの感受性気質は、支援を検討する際の一つの要素であって、ラベルを貼ること自体が目的になるべきではないように思います。

11/

HSPは0か100かの両極端で考える

そのようなエビデンスはありません。これも「HSPあるある」として発信されるものです。このような言説にHSPというラベルを貼るのは不適切です。「HSP=極端な考えをする人」というスティグマにつながります。

12/

​HSPは頼まれると断れない

​このようなエビデンスはありません。これも「HSPあるある」として発信されていました。このようなことにHSPというラベルを貼ると誤った見方を助長します。他にも「HSPは自分の考えがない」など、自己主張できない人かのように発信されることがありますが、そのような主張を支持するエビデンスはありません。

13/

​HSPは両親から愛された記憶がないと言う

​デマです。信じないでください。

14/

HSPは転移が生じやすい

心理カウンセリングの場面では、クライエントが過去に経験した両親や友人や恋人などへの態度をカウンセラーに向けるようになることを転移と呼びます。HSPは転移が生じやすいと記載するサイトがありますが、このようなエビデンスは全くありません。

15/

​HSPはインプットが多いのでアウトプットすると心が整う

​そのようなエビデンスはありません。信じないでください。

16/

HSPは​覚えるのは苦手だけど、覚えたらすごい力を発揮する

​そのようなエビデンスはありません。不適切なラベリングです。

17/

HSPは脳が慢性的に炎症しているかもしれない

​とあるネット記事では、HSPの敏感さと脳の慢性的な炎症の関連を示唆する内容が書かれていました。環境感受性は、脳の炎症によって生じる過敏性とは異なります。

18/

HSPは生きづらい

​「HSP=生きづらい人」というのは不正確な見方です。HSPは「生きづらさ」のラベルではありません。もし「生きづらさ」が強く、日常生活に大きな支障をきたすようであれば、うつ病不安障害などの傾向がないか、発達障がい(ADHD自閉スペクトラム症など)の傾向がないか、をまずは調べたほうがよいと思われます。そのうえで、どのような環境調整をすれば「生きづらさ」が改善するのかを考えましょう。「生きづらさ」にHSPという名前がつくことで一時的な安心感が得られるかもしれませんが、より大切なのは気質を踏まえた環境の調整(周囲の人からのサポートも含む)です。

19/

HSPは​人の顔を覚えるのが得意

​そのようなエビデンスはありません。

20/

HSPとSNSは相性がよい

​そのようなエビデンスはありません。SNSでの情報をみたり発信するのが好きだからと言って、HSPというラベルを貼るのは不適切です。

21/

HSPは能力

HSPは環境感受性が高い人を表すラベル/カテゴリです。能力ではありません。このサイトで学びましょう。

22/

HSPは​漢方で症状がよくなる

​そのようなエビデンスはありません。また、環境感受性は症状ではありません。

23/

HSPは​電話が苦手

​そのようなエビデンスはありません。

24/

HSPは​コーヒーが苦手

​そのようなエビデンスはありません。「影響を受けやすいこと=苦手」という見方は正確ではありません。

25/

HSPは​自己否定が強い

​そのようなエビデンスはありません。HSPと関係のないことに対してHSPというラベルを貼り、不安をあおる発信が多いです。気をつけましょう。

26/

クリニックの診療科目にHSPがある

​環境感受性は疾患ではありません。クリニックの診療科目にHSPがあるところは、明らかにHSPを誤解しています。気をつけましょう。

27/

​「生きづらさ」を感じるHSPの「症状」を正確に診断します

​このような宣伝をするクリニックが増えていますが、明らかに問題がありますので気をつけましょう。

28/

HSP専門○○講座

HSP専門○○という資格を短期間で付与する講座が広まっています。HSPが不正確に広まった日本においては、一部で不健全な資格ビジネスが拡大しています。魅力的にみえるかもしれませんが気をつけた方がよいと思われます。なお、HSPに関する公的な資格はありません。

#HSPが話題になることの功罪を問う

HSPが話題になる今では、研究にもとづかない不正確・不適切な情報が多く発信されています。そうした情報の発信は、HSPの正確な理解を妨げるだけでなく、本来支援が必要な人たちへの支援を妨げることにもつながります。また、HSPという言葉を入り口に不安をあおり、さまざまなビジネス・宗教へ勧誘する動きもみられます。環境感受性の考え方は、よりよい日常生活を送るためのヒントになるなど、さまざまなメリットもありますが、現状ではSNSや書籍でのHSP情報とは批評的に向き合った方がよさそうです。