Media & Evidence

ネットなどで発信される誤解を紐解く

01/

「HSPうつ」を磁気刺激療法で治療する

あるクリニックでは、HSPであることによって生じるうつ症状を「HSPうつ」と名づけ、磁気刺激療法による治療を勧めています。しかし、まず前提として、心理学でも精神医学でも「HSPうつ」という概念/疾患は存在しません。それゆえ、「HSPうつ」なるものが磁気刺激療法で改善するというエビデンスも全くありません。いくつかの医療機関では、HSP/HSCを「診療」「改善」することを謳った宣伝をしています。しかし、これは明らかに医療機関側でHSP/HSCを適切に理解できていないことを意味しますのでご注意ください。

02/

HSPはミラーニューロンの働きが強い

環境感受性が高い人では、恋人あるいは見知らぬ人の笑った顔や悲しんでいる顔の写真を提示されると、共感性を司る島皮質が活性化することが示唆されています(Acevedo et al., 2014)。しかし、これまでミラーニューロンとの関連を直接的に実証した研究エビデンスはありません(本記事執筆時現在)。現状では、飛躍した主張だといえるでしょう。「HSPはミラーニューロンの働きが強い」という主張では、Acevedo et al.(2014)Aron, Aron, & Davies(2005, Study4)がその根拠として引用されるされることがありますが、これらの研究ではミラーニューロンの働きを直接調べたわけではありません。

03/

ネットのHSP診断テストでHSPと診断された

Googleで「HSP」と検索すると、上位に「HSP診断テスト」というサイトが表示されます。このサイトで自身がHSPかどうかを判断される人が多いようです。しかし、このサイトの項目は研究で用いられているものではありません。また、明らかに感受性の個人差を測定するものではない項目も含まれます。さらに判定基準も不明です。したがって、学術的には、信頼性と妥当性が不明瞭なテストだといえます。

04/

HSPチェックリスト:一日中憂うつな気分が続く

複数のクリニックのサイトでは、HSPチェックリストが紹介されていることがあります。実際に確認したサイトには、「一日中憂うつな気分が続く」「もともと興味があったことに興味がもてなくなってきた」「自殺を考えてしまうことがある」といった項目がHSPかどうかを判断するものとして提示されていました。しかし、これらの項目は、明らかに感受性の個人差を測定する内容ではなく、うつ病に特有のものです。なお、精神疾患の診断・統計マニュアル第5版(DSM-5)によるうつ病(大うつ病)の診断基準はこちらから確認できます。

05/

HSPは魂のレベルが高い

あるサイトで「HSPは魂のレベルが高い人たち」と書かれていました。研究では、魂の存在は証明されていません。HSPとは無関係な情報です。このサイト以外にも、HSPという言葉を入り口にスピリチュアルな世界に誘導する情報があります。スピリチュアルや宗教を否定しているわけではありません。「HSPと関連のない言説」をもとに誘導することが問題なのです。同様に「HSPは第六感(霊感)がある」「HSPには漢方が効く」といったエビデンスのない宣伝もありますので注意が必要です。

06/

魔法の言葉を唱えておなかをさするとHSPであることのストレスが和らぎ効果的

「魔法の言葉を唱えておなかをさすると、HSPのストレスが和らぐので効果的」と書かれた医療系のネット記事があります。しかし、「魔法の言葉」やそれがHSPのストレスを和らげるかどうかも、エビデンスはありません。やはりこれもスピリチュアルな世界の話であり、HSPとは無関係です。残念ながら、医療系の記事であっても、HSPに関しては信頼できない情報が多いため注意が必要です。

07/

HSS型HSP、内向型HSP、外向型HSP

SNSや書籍では「○○型HSP」などの言葉をよく見かけます。例えば「HSS型HSP」は刺激希求性が高いHSP、「内向型HSP」は内向的なHSPを表すようです。実は、このようなタイプ分けの研究は全く行われていません。こうしたタイプ分けの妥当性も不明です。血液型診断のようにわかりやすいため、流行るのは納得できますが、研究にもとづくものではない点は留意すべきかもしれません。

#HSPが話題になることの功罪を問う

HSPが話題になる今では、研究にもとづかない不正確・不適切な情報が多く発信されています。そうした情報の発信は、HSPの正確な理解を妨げるだけでなく、本来支援が必要な人たちへの支援を妨げることにもつながります。また、HSPという言葉を入り口に不安をあおり、さまざまなビジネス・宗教へ勧誘する動きもみられます。環境感受性の考え方は、よりよい日常生活を送るためのヒントになるなど、さまざまなメリットもありますが、現状ではSNSや書籍でのHSP情報とは批評的に向き合った方がよさそうです。